トップページ > 自宅で行う脱毛機処理のメリット・デメリット

自宅で行う脱毛機処理のメリット・デメリット

こちらのページでは自宅脱毛器で行う脱毛についてメリットやデメリットをご紹介します。また、自宅で行う脱毛器の種類についてもあわせて調査をしてきましたのでご覧下さい。

自宅で行える脱毛器の種類はどんなものがあるかご紹介していきます。
フラッシュ式…インテンスパルスライト(IPL)という光のエネルギーを使った脱毛方式
サーミコン式(熱線)…熱線に触れた毛を焼き取る方式
レーザー式…昔からある定番のタイプ。レーザーを皮膚に照射することで、毛根にダメージを与える方式
超音波式…超音波による毛根に刺激を与えて脱毛する方式

お手軽なイメージがある自宅の脱毛器。こちらに関するメリットを5つのポイントにわけてご紹介していきます。

  • 1.わざわざサロンに行く必要がない
  • 2.安価でできる
  • 3.家族同士でシェアできる
  • 4.定期的に使えば半永久的な脱毛効果が得られる
  • 5.デリケートな部分も自分でできる

やはり自宅でお手軽に施術ができるのはメリットですよね。サロンに通わなくて良いのも面倒くさくなく良いですね。

では自宅の脱毛器で行う脱毛のデメリットはどんなものが存在するのでしょうか?5つのポイントに分けてご紹介します。

  • 1.自分の見えない場所では施術がしにくい
  • 2.消耗品にお金がかかる場合がある
  • 3.サロンなどの業務用よりパワーが弱い
  • 4.脱毛に失敗しても自己責任
  • 5.痛みがある

やはりデメリットもあるようです。それぞれのメリット・デメリットを確認し、自分にあった施術方法を考えましょう。

1つ購入すれば自宅で半永久的に使えますし、サロンに通う必要がないのでいつでもどこでも処理はできます。
反対に自分でやることなので肌を傷つけていたり、見えない部分は施術できないままになってしまいます。クオリティーの高い脱毛器も増えているので探してみるのも良いかもしれません。