トップページ > 妊娠中の脱毛サロン通いがNGの理由

妊娠中の脱毛サロン通いがNGの理由

多くの脱毛サロン・エステサロンでは妊娠中の脱毛施術を断られます。こちらのページでは、なぜ妊娠中の脱毛は断られるのか解説していきます。

基本的に妊娠中に施術を受けたからといって、胎児に影響するわけではありません。ではなぜNGなのでしょうか。それは妊娠中はホルモンバランスが崩れるので、脱毛しても効果が得られない例が数多くあるからです。また、バランスが崩れ多毛症になることがあります。コンディションも安定しないですし、皮膚も敏感になる時期です。このことから処理をしても意味をなくしてしまうのです。要は施術をしても無駄骨になるのです。

毛根に作用する脱毛のレーザーや光は体内にではなく肌表面にしか届かないので胎児には影響は出ません。

胎児には影響がでないのですが、母胎に関しては、施術によるちょっとした刺激がつわりや体調不良になる可能性がでてきます。特に痛みが強い場合は子宮収縮が心配されます。また、施術中のベッドでの体勢が体に負担を与える場合がありますので妊娠中の脱毛はNGとされるのです。

確かに妊娠中はホルモンバランスが崩れ、毛が濃くなってしまう場合があります。しかし、出産後は体調が安定してきますので施術も可能になっていきます。ご安心下さい。

施術前に妊娠する可能性があるのならば、期限が無期限のサロンを選ぶと良いでしょう。また脱毛サロンをもうすでに決めている場合は、店舗に連絡し調整してもらえるか相談してみましょう。

お金がもったいないからという理由で妊娠を隠して脱毛してもらうなんてもっての他です。また肌の状態も安定しないので脱毛しても効果は薄いです。出産してからでも遅くありませんよ!出産後は体調をみながら脱毛サロン通いをしましょう。