トップページ > 医療脱毛ってなに?

医療脱毛ってなに?

脱毛のことを調べていると、目につく『医療脱毛』という言葉。通常の脱毛となにが違うのか、またその効果や期間など幅広い目線からご紹介していきます。サロンと医療機関自分はどちらに向いているのか頭に入れながらご覧下さい。

サロンなどで行う脱毛と医療脱毛が違う点は脱毛をする際に、細胞を破壊するかしないかというところです。
毛乳頭と呼ばれる、毛の根元にある発毛指令をだす細胞をレーザーで破壊することで毛が生えてこないようにするという理論のもと、脱毛は行われるのですが、この破壊行為は医療行為としてみなされ、医療機関でしかできない行為なのです。
サロンなどが行っているのは細胞にダメージを与えることで発毛を破壊しているというわけではありません。
この他にも、医療脱毛は万が一の肌トラブルも医療機関ですのですぐ対応してくれますし、資格を持ったスタッフが施術をするので安心感が高いのが魅力です。

もちろんサロンなどよりも強力なレーザーを使用するので効果は高いのですが、1度受診したからといって効果が期待できるかといわれれば残念ながらそうではありません。最長でも完了するのに1年以上はかかる方が多いです。

ワキやVラインなどに存在する太めの毛には十分な効果が期待ができるのですが、反対にうぶ毛や白髪などはメラニン色素が少なくレーザーに反応しないため効果は期待できません。

サロンなどと違って強力なエネルギーを使ったレーザーを使うので痛みは倍増します。麻酔なども用意されているクリニックもあるので安心ではありますが、あまりの痛さに通うのをやめたという話も聞きます。

万が一のトラブルが起きても医療機関ですのですぐに対応してくれるのは嬉しいポイント。資格を持った担当者が丁寧に施術をしてくれるので安心感もありますが、日に焼けている肌には施術が難しかったり、白髪には反応しないなど制約が存在します。
受診する前に本当に自分にあった施術方法なのかをしっかり確認して、サロンと医療機関のどちらに自分は向いているのか考える、またはそれぞれに相談してみるなどして下さいね。