トップページ > ニードル脱毛のメリット・デメリットについて

ニードル脱毛のメリット・デメリットについて

別名・針脱毛と呼ばれている方法です。こちらのページではニードル脱毛とはどのような施術方法なのか、またメリット・デメリットを解説していきます。自分の受けるかもしれない施術かもしれませんのでしっかりと勉強しておきましょう。

毛穴に差し込んだ針から電気を流し細胞を破壊する方法です。毛を伸ばした状態で施術するのが特徴で、一昔前までの永久脱毛の方法といえばこのニードル脱毛でした。他にも絶縁針で脱毛する(毛穴に差し込む時に特殊コーティングされ皮膚ダメージを少なくする)方法がありますが、こちらは医療機関のみで使用できる方法です。

昔ながらの定番の脱毛方法ということもありさまざまなメリットが存在します。

  • 1.日焼けした肌でも施術ができる
  • 2.黒い毛でなくても(白髪など)施術ができる
  • 3.完全に毛が成長してなくても施術ができる
  • 4.永久脱毛の効果は抜群
  • 5.レーザー脱毛では対応しにくいデリケートゾーンにも脱毛が可能

このようにニードル脱毛は、レーザー脱毛のデメリットを補う形で処理できる方法なのです。

こちらではニードル脱毛のデメリットを紹介していきます。

  • 1.毛穴に差し込むので電気による痛みが強い
  • 2.毛を1本ずつ処理するため、痛みを感じる時間が長い
  • 3.技術がいる方法なので施術者によって効果がまちまち
  • 4.施術に時間がかかる
  • 5.料金が割高

このようにお世話になるサロンによってはトラブルがあったり、効果が感じられなかったりする場合がありますので、ニードル手術をする場合は施術場所をしっかり調べておく必要があります。

脱毛しようと思っている方全員ゴールは同じです。ですが、いくら肌がすべすべになったとしても、それまでにトラブルがあったり、施術方法が辛いなど…ゴールまでの道のりが悪ければオススメできません。ニードル手術は特に永久脱毛に関してほぼ確実に効果を得られる方法です。施術方法を理解し、お世話になるサロンが医療機関と提携しているかなどしっかり確認しておきましょう。