トップページ > 脱毛の種類いろいろ

脱毛は、求める効果や体質によって種類を変える必要があります。サロンに限らず、さまざまな種類が登場しています。まずはどのような脱毛があるのか、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

レーザー脱毛は、黒色にのみ吸収される光を照射することで、熱のエネルギーを与えます。熱によって毛を発生させる組織を破壊する仕組み。一度に広い範囲を照射することができるため、短時間でムダ毛を処理でき、毛を伸ばしていなくてもお手入れできることが特徴です。
また、法律上、医療機関でなければレーザー脱毛の使用が許可されていません。言い換えれば、万が一の時にも医療関係者がすぐにケアするため安心です。
黒い部分に光を集めるため、肌が黒いと効果が出にくいと言う問題点があり、施術期間中は日焼けを気にしなければなりません。
レーザー脱毛では十分な熱量が必要であり、熱が原因で赤みが出たりヒリヒリしたりすることもあるため、炎症を止める軟膏などを使用しましょう。

光脱毛は、リーズナブルな価格帯で採用している店舗が多いです。肌への負担が少ないことから、どちらかと言えば体質を気にせず取り組めることが特徴で、レーザー脱毛と違い、医療機関以外で行っています。光を拡散して当てているため、広範囲のケアができます。
光脱毛をした直後は、肌がやけどに近い状態になり、水分が足りな苦なっているため、アフターケアを徹底することが大切です。専用ローションやクリーム、オイルなどでこまめにお手入れしましょう。また、医療関係者が対応しているわけではないため、万が一のトラブルが起きた時の対処が難しいです。

ニードル脱毛は特殊な針を毛穴に刺し、電流や高周波を流して毛根にダメージを与える方法です。
レーザー脱毛や光脱毛が登場するより前は主流でした。色素沈着している毛や産毛にも効果的であり、永久脱毛が期待できるという強みがあります。
しかし、ニードル脱毛は痛みが強い点がデメリットです。また、一本一本処理するために時間やお金がかかるリスクがあります。また、脱毛直後は冷却パックを利用して鎮静化を図るものですが、自宅でも痛みが引かないときは専門医の診療を受けましょう。

ワックス脱毛は粘着力の高いワックスを皮膚に塗り、固まった時に引きはがす方法です。毛根から取り除く方法で、塗布しやすいジェル状や手軽に使えるシートの状態で販売されています。手軽に購入できる上、慣れれば短時間で処理が可能。ケアが少し大変ですが、毛穴が開いているとき、ローションでパッティングを行えば引き締められるとともに、保湿を行うことで埋没毛を予防することもできます。
ワックス脱毛をした直後は毛穴が開いている状態。感染症予防のために清潔な状態を保ちましょう。また、引き抜くために毛を伸ばしておく必要があるため、夏場などは不自由に思うかもしれません。

クリームを用いた脱毛は、脱毛クリームを肌に塗って毛を溶かせる方法です。毛根ごと抜く種類のものとはまったく違い、基本的にはたんぱく質を溶かすことで毛を取り除きます。簡単に肌をツルツルにでき、痛みを感じないという効果があります。また、配合されている成分のなかには、毛が生えないように抑制する効果もあります。
しかし、クリームによる脱毛は表面の毛をなくす効果しかありません。肌の黒いブツブツが残ってしまう可能性もあり、少し時間を置くと毛が生えてしまうというデメリットもあります。
毛を溶かすために使うアルカリ剤が入っていることから、皮膚にダメージを与えてしまうという問題点もあります。塗った後にしっかり洗い流すことも大切です。事前のパッチテストや、細やかなアフターケアを行いましょう。

カミソリによるシェービングは、自宅で手軽にできる種類のムダ毛処理方法です。さまざまな種類のカミソリも登場している他、肌を傷めないシェービングフォームもあります。自宅でいつでも簡単にできる上、全身シェービング可能なものも登場しています。コストはカミソリを購入するお金だけであり、安く済ませられるのもメリットです。
シェービングの欠点は、綺麗な状態が長続きしないこと。また、毎日続けていると肌への負担も大きくなってしまいます。毛の流れに逆らわない、乾いた肌でシェービングしないなど、お手入れをするときに注意が必要です。その他、アフターケアを行って滑らかな肌に整えることも重要です。

毛抜きによる脱毛は、ピンセット以外にお金がかかりません。一本一本自分で抜いていく方法で、さまざまなものが販売されています。シェービングよりも効果が長く続き、綺麗に抜ければ黒いブツブツが残らない特徴があります。また、細い毛が生えるようになると言われており、やればやるほど、お手入れにかかる負担は軽減されるでしょう。
毛穴に雑菌が入りやすい状態の毛抜きは、皮膚にダメージを与えます。脱毛直後はお風呂を控えるだけでなく、できるだけ汗をかかないよう注意しましょう。また、お手入れをした後の保湿ケアを行わないと埋没毛や黒ずみ、ポツポツとした毛穴の原因になってしまいます。自力で全身の毛抜きを行うのは至難の業であり、無理な体勢が続くために肩こりなどの原因になってしまうのがデメリットです。